■PDCAサイクルと5W2H

PDCAサイクルは、もちろんPlan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)のサイクルの事。また5W2Hは、When(いつ)、Where(どこで)、Who(誰が)、What(何を)、How(どうやって)、Why(なぜ)、How Much/How Many(いくらで、どれくらい)の事。

これらはプロジェクトワークでは勿論、ルーチンの仕事でも常に意識しなければいけないことです。

キズナ・ばの場合、PDCAでは、特にPlanとCheckを重視します。それはPがしっかりしてないとCがあいまいになってしまうからです。システムの開発でも、計画書や仕様書がしっかりしてないと、C(テストや検収)の精度は落ちてしまいます。それはテストや検収は、仕様書に基づいて行うのが基本だと考えるからです。

そして、Planは誰が見てもわかるように明解にしておくことが重要です。それはそれ自体が引き継ぎのツールとなり、多くの人間がかかわって仕事を効率的に進めることができるツールでもあると考えるからです。

5W2Hも重要です。とくに、WhatとWhenとWhoを重視します。詳細なスケジュールや実行計画を立てるときにこの3つは欠かせません。